葬儀費用

交通事故に遭ってケガを負った程度ならまだマシなのですが、酷い事故の場合だと被害者が死亡してしまうこともあります。

実際、被害者が死亡してしまうような悲惨な事故は年間数多く発生していますし、さまざまな事故によって尊い命が奪われているのです。交通事故が原因で被害者が死亡してしまったようなケースでは葬儀費用を損害として認めていますし、必要かつ相当な費用を実費として認めてもらえます。

ただ、葬儀関係費については上限もあり、だいたい150万円が限度となっています。150万円が大まかな目安、限度となっていますが、ケースによっては200万円まで認められたということもあります。

遺体を搬送するのにかかった費用、墓石の代金などが認められたということもありますから一律150万円が限度ということはありません。

葬儀費用を含めた積極費用は慰謝料とは性質の異なるものですから、被害者側がきちんと実費を計算して請求する必要があります。保険会社がしっかりと計算してくれればいいのですが、すべての保険会社がきちんと計算してくれるとは限らないのです。

保険会社としても商売ですからできるだけ出費は抑えたいはずです。被害者側がしっかりしなくてはなりません。

(積極損害)